EXHIBITIONS

うしお

なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな

gallery N 神田社宅|06.01 - 06.22

うしお

うしお

うしお

うしお

 ゲームに関わりのある道具やルール、言葉、イメージ、物語を多用し、再構成する手法で作品を制作するアーティスト、うしおの個展が開催される。

 うしおは1978年山形県出身。2001年筑波大学芸術専門学群卒業、03年に筑波大学大学院芸術研究科修了し、07年までゲーム業界に勤めていた。「引込線2017」に参加し、駒が次々と熱で溶ける映像作品《やもめ男と美女のチェス》や、1000円新札の写真・記番号をTwitterに記録してから使用し、再会を待つ《1,000yen》などの作品で注目を集める。 

 本展のテーマは、うしおが自身のイマジネーションと深い結びつきがあり、取り組んでみたいと長らく考えていたという「船」。会期初日には、美術評論家の中尾拓哉を迎えたギャラリートークも行われる。