EXHIBITIONS

love passion

松永賢展

美術画廊X|01.30 - 02.18

松永賢 参考画像

松永賢 参考画像

 独学で絵画を学び、ユニークな技法を用いた作品を手がける異色の画家、松永賢。

 松永は綿、麻などの布地に墨汁を塗って黒い下地を制作、その上から墨の黒を消しこむように油彩で陰影を施し、モノクロームのモチーフを浮かび上がらせる。鏡のなかの虚構の世界を思わせる漆黒で透明な画面には、若い女性像を中心とした人物、昆虫や馬といった生きものを描写。画面のなかの少女たちが放つ、まるで鑑賞者の心を見透かすような黒く光る眼差しには、真理を見極めようとする冷徹さよりも、清濁のすべてを受け入れる慈愛と覚悟が満ちているように感じられる。

 本展では、今日の文明や文化の著しい発展や成熟の陰で世界を生き辛く思う人々に思いをよせ、新たな受難の時代における愛について問いかける。