• HOME
  • EXHIBITIONS
  • シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展
EXHIBITIONS

シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展

「ブラック・ベア」シリーズ ポスター 1968  © copyright: Dick Bruna

「ブラック・ベア」シリーズ ポスター 1968  © copyright: Dick Bruna

 絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズで知られ、2017年2月に惜しまれながら亡くなったオランダ人絵本作家、ディック・ブルーナ。

 グラフィックデザイナーとしての顔ももつブルーナは、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」を代表とする温かみのある名作を数多く残してきた。作品に共通する特徴は「シンプル」であること。本展では、余分なものを極力削ぎ落としつつ、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」が常に潜むブルーナの作品を、線や色・形などのテーマに分けて紹介。なぜブルーナは、シンプルであることにこだわり続けたのか、およそ60年かけてつくりあげられた約500点の作品を通して探る。

 また日本のデザイン界で活躍するKIGI、groovisions、中村至男、ミントデザインズの4組が、グラフィック、プロダクト、ファッションなどのジャンルでブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作を発表する。