EXHIBITIONS

MAMプロジェクト024

デイン・ミッチェル

森美術館|11.17 - 03.31

デイン・ミッチェル アイリス、アイリス、アイリス(習作) 2017

デイン・ミッチェル アイリス、アイリス、アイリス(習作) 2017

 ニュージーランドで生まれ、不可視の領域におけるエネルギーや力学について、芸術的、科学的、歴史的な観点から多様なリサーチを行うデイン・ミッチェル。そこでは視覚と嗅覚の関係性がしばしば意識され、彼は「香り」を重要な「彫刻的素材」としてとらえている。

 本展では、伝統的な香の世界から香料の最新技術まで、日本滞在中の多角的なリサーチから生まれた新作《アイリス、アイリス、アイリス》を発表。「アイリス(Iris)」という単語が、アヤメ属の植物、眼球の虹彩、カメラの絞り部分、ギリシャ神話の虹の女神イリスなどさまざまな意味を持つこと、線香が時計としての機能も担っていたこと、長年使われた道具などに付喪神(つくもがみ)が宿ることなど、多岐にわたるミッチェルの関心がひとつのインスタレーションにまとめられる。