EXHIBITIONS

WARHOL―underground america

ときの忘れもの|12.11 - 12.27

金坂健二 1968年 ゼラチンシルバープリント イメージサイズ:31.5×21.2cm シートサイズ:35.0×26.5cm Signed

金坂健二 1968年 ゼラチンシルバープリント イメージサイズ:31.5×21.2cm シートサイズ:35.0×26.5cm Signed

金坂健二 1968年 ゼラチンシルバープリント イメージサイズ:21.3×31.2cm シートサイズ:26.7×34.8cm Signed

金坂健二 1968年 ゼラチンシルバープリント イメージサイズ:21.3×31.2cm シートサイズ:26.7×34.8cm Signed

 1960年代、「アンダーグラウンドシネマ」という映画の動向を指すアングラという言葉が流行するなか、ハリウッドの商業映画とはまったく異なる映像美を目指したジョナス・メカスやアンディ・ウォーホルの映画をいち早く日本に紹介したのが映画評論家の金坂健二であった。

 金坂は映像作家であると同時に、写真家としても多くの作品を制作。評論家、作家として60~70年代を疾走し、日本の映像文化を新しい道に導いた。

 本展では、金坂とメカスが撮影したウォーホルのポートレートや、著書や写真集を通して当時を回顧する。会期中には、メカスの映像作品『this side of paradise』を毎日15時、16時、17時の三回上映。