AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

ガヒ・パク「EVENINGNESS」

2023.01.18 - 02.25

GaHee Park Domaine de Fatigue 2022
Photograph: Marion Paquette Courtesy of the artist and Perrotin

Exhibition views of GaHee Park "Eveningness" at Perrotin Tokyo
Photo by Keizo Kioku Courtesy of the artist and Perrotin

Exhibition views of GaHee Park "Eveningness" at Perrotin Tokyo
Photo by Keizo Kioku Courtesy of the artist and Perrotin

Exhibition views of GaHee Park "Eveningness" at Perrotin Tokyo
Photo by Keizo Kioku Courtesy of the artist and Perrotin

Exhibition views of GaHee Park "Eveningness" at Perrotin Tokyo
Photo by Keizo Kioku Courtesy of the artist and Perrotin

Exhibition views of GaHee Park "Eveningness" at Perrotin Tokyo
Photo by Keizo Kioku Courtesy of the artist and Perrotin

 ペロタン東京は、ガヒ・パクによる個展「EVENINGNESS」を開催。一連のペインティングとドローイングを日本初公開する。

 パクは韓国出身。現在は、カナダのモントリオールを拠点に活動中だ。その作品は、生まれ育ったソウルや、米国で生活を始めた当初の観察からインスピレーションを得ている。パクのペインティングは個人的かつ幻想的であり、日常にあるものや行為を挑発的に描いた場面を通して、家庭内における親密性や欲望を探究している。

 本展「Eveningness」は、パクにとってペロタンでは4回目となる個展。本展覧会に寄稿したジョアンナ・ロボサム(タンパ美術館近代・現代美術部門キュレーター)によれば、「本展『Eveningness』に展示される作品の多くは、時間の経過について探究しており、パクは季節と光の変化を利用しながら、過去・現在における特定の瞬間に言及している」という。