AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

安藤晶子「New Life People」

2023.01.14 - 02.12

安藤晶子 Irene 2022 ©︎ Akiko Ando

 LEESAYAでは、安藤晶子の個展「New Life People」が開催される。

 安藤は1987年茨城県生まれ、東京工芸大学デザイン学科卒業。作品制作の傍ら、挿絵や本の装画、CDのアートワークを手がけるなど幅広く活動してきた。これまで水彩を主に使い、あらかじめ自身が描いた絵をコラージュする手法を多く用いていたが、近年は油彩にも精力的に取り組んでいる。

 安藤の作品には男性とも女性とも判別のつかない人物のようなものが度々現れる。宗教画のような神秘的な雰囲気が漂う画面は、向き合うものへの存在の肯定を感じさせ言い得ない安息感を与える。緻密に描かれた細部は光の反射や水面のゆらぎのように掴みどころがなく、しかし確かに美しくそこにある存在を確かめているようだ。

 絵描く時、世のなかにあるすべての意味の窮屈さから解放され、自分のなかに光が射し込む心地がすると話す安藤。昨日、今日、明日とそれぞれの自分の声に耳を傾け、時に立ち止まり見直しながら丁寧に画面に向き合っている。

 今回は安藤自身にとって、いままでになく大きいサイズの作品を複数展示。タイトル「New Life People」には、固定概念や、窮屈な決めつけで自分自身を縛らずに慈しみ生きていきたいという作家の想いが込められている。