AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

作家は何を見ている?

2023.01.13 - 01.28

小津航 Face -RAYMOND-

葛西明子 夜間遊園地

近藤亜美 ブルーテーブル(バナナコーヒー)

 原宿・神宮前のGALLERY SCENAで、小津航、葛西明子、近藤亜美による3人展「作家は何を見ている?」が開催される。

 小津は東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。ドローイングと絵画、それらとイメージの関係を探りながら作品を制作。昨今は東洋美術に注目しており、「静物画」「風景画」「人物画」という絵画の主題を通して考察を行う。

 葛西は武蔵野美術大学造形学部通信教育課程油絵学科絵画コース卒業。油彩、アクリルによって自身の記憶のなかにある風景を一枚の絵にコラージュするように描き出す。夜の光の世界と誰もが抱える孤独というテーマを幻想的に表現している。

 近藤亜美は東京造形⼤学造形学部美術学科絵画専攻領域卒業。空間(空と地⾯、壁と床、光と影)を⾯やかたちでとらえ、⽇常を過ごすなかで⽬にしたものや⾵景をもとにイメージしたモチーフを構成・配置することで、⽇常と⾮⽇常の狭間を見出すことを主軸に絵画を手がけている。

 今回のテーマは、作家が目に見える「光景」をどのように「絵画」の画面に落とし込むのか、という批評性だ。見る者が「絵画」というものにどんな感情を受け、画家たちはどのような視点でその感情を演出しているのか、3人のアーティストが織りなすドラマを楽しんでもらえたらとしている。