AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

比田井南谷 生誕110年「HIDAI NANKOKU」

2022.11.12 - 2023.02.04

比田井南谷 揮毫風景

比田井南谷 67-3 1967 個人蔵

比田井南谷 61-5 1961

展示風景より

展示風景より

展示風景より

 √K Contemporaryでは、生誕110年を迎えた書家・比田井南谷の個展「HIDAI NANKOKU」(主催:日本美術継承協会)が開催されている(本展は当初の会期 11月12日~12月10日を、2023年2月4日まで延期)。

 比田井南谷(ひだい・なんこく、1912~99)は、比田井天来、小琴の二男として生まれ、父・天来について書法を学んだ。比田井は、敗戦後の日本において、書の芸術性を探究し、新たな概念の「線の芸術」を創造した。そして1945年、史上初の前衛書「電のヴァリエーション」(千葉市美術館蔵)を書き翌年発表、書壇に衝撃を与える。

 生前は東京やニューヨークなどで個展を多数開催し、プリンストン大学、コロンビア大学をはじめ国内外約20の大学で書道史をを教えるなど、書の啓蒙に尽力した。ニューヨーク近代美術館(MoMA)や、著名コレクターが作品を買い上げ、国内外の美術館に収蔵されている。

 本展では、比田井の日本未発表作品や拓本コレクションを含む約50点の作品を展覧する。作家の生誕110年の節目に、改めて比田井の「線の芸術」の真髄に迫り、その活躍を後世に残していく契機になることを目指す。