EXHIBITIONS

西宮市大谷記念美術館 開館50周年記念 特別展

Back to 1972 50年前の現代美術へ

福岡道雄 蛾2 国立国際美術館蔵

植松奎二 空間関係構造態-樹、人、ロープⅠ 作家蔵

松谷武判 繁殖のA 作家蔵

元永定正 AKAMAGARI 兵庫県立美術館蔵

吉原英雄 モーニング・コーヒー (シリーズ「ミラー・オブ・ザ・ミラー ニューヨーク」より) 和歌山県立近代美術館蔵

 西宮市大谷記念美術館が開館50周年を記念した特別展「Back to 1972 50年前の現代美術へ」を開催している。

 西宮市大谷記念美術館は1972年11月に開館し、今年で開館50周年を迎えた。開館と同じ頃、全国各地に美術館が建てられ始め、美術鑑賞が日々の暮らしのなかに溶け込んだ時期と重なる。

 いっぽう、現代美術もまた、様々な展開を見せていた。美術とは何かを根本的に問い直し、物質そのものよりも観念を重んじる傾向が、1970年代以降続き、やがてその作品の主題や制作方法は、敏感に時代を映し出していった。

 本展は、西宮市大谷記念美術館の開館と同時期の1972年に制作された、関西の現代美術作品を中心に展示し、いくつかの出来事に沿って紹介する。

 出展作家は、池田満寿夫、今井祝雄、泉茂、植松奎二、白髪一雄、福岡道雄、松谷武判、三木富雄、吉原治良、吉原英雄ら。