AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

加藤泉一寄生するプラモデル

2022.11.06 - 2023.03.12

加藤泉 無題 2022 Photo by Kei Okano

加藤泉 オリジナル・プラスチックモデル Photo by Kei Okano

加藤泉 無題 2022 Photo by Kei Okano

 ワタリウム美術館では、加藤泉の個展「寄生するプラモデル」が開催。プラモデルを使った新作を中心に展示する。

 加藤は1969年島根県⽣まれ。90年代末より画家として本格的にキャリアをスタートさせる。子供が描くようなシンプルな記号的な顔のかたちに始まり、現在まで人がたを手がかりに展開。2000年代から木彫作品を発表し、現在は、ソフトビニール、石、布、プラモデルなど幅広い素材を使い制作している。

 本展では、ビンテージプラモデルを木彫にコラージュしたシリーズをはじめ、加藤自らが手がけたプラモデルの箱、組立説明書などを展示。加藤は次のステイトメントを出している。

「新型コロナウイルスのパンデミックで展覧会が延期になったり中止になったりして、久々にスタジオでゆっくりプラモデルを作っていた。
ヤフオク!やeBayで調べていたら、動物や昆虫などのプラモデルを発見し、昔のプラモデルは面白いなーと思い、買いあさっていた。作っているうちに、これは作品に使えると思いだし、早速木彫にひっつけてみた。
これはいけると思い、どんどん作った。そうしているうちに、友人に『ゴモラキック』の神藤政勝さんを紹介された。
彼はフィギュアやプラモデルを作っているメーカーの人だった。『何かやりたいですね!』と話をしているうちにすぐに『プラモデル、しかも石作品の!』と閃いた。
石がプラモデル。デカールが絵。
今までの僕の作品ともつながるグッドアイデアだと思う。
もちろん箱も僕が作るのだ。
素晴らしい。モチベーションはMAXだ。
そうしてプラモデルが完成し、この展覧会を開催することになりました。
プラモデルを使ったシリーズと、それらにつながる僕の作品を見てください。」