EXHIBITIONS

ヨシタケシンスケ展かもしれない

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」のイメージ © Shinsuke Yoshitake

ヨシタケシンスケ『りんごかもしれない』(ブロンズ新社、2013) © Shinsuke Yoshitake

ヨシタケシンスケ『りんごかもしれない』原画 © Shinsuke Yoshitake

ヨシタケシンスケ『つまんない つまんない』原画 © Shinsuke Yoshitake

ヨシタケシンスケ ぶくぶく観音 撮影=加藤新作 © Shinsuke Yoshitake

 絵本作家としてのデビュー作『りんごかもしれない』(2013)以降、子供から大人まで大ブームを巻き起こしているヨシタケシンスケ。その初となる大規模個展「ヨシタケシンスケ展かもしれない」が市立伊丹ミュージアムへ巡回する。

 1973年生まれ、神奈川県出身のヨシタケは、絵本を出版する以前から、イラストレーター、造形作家として活躍してきた。現在は絵本作品をはじめ、頭のなかに広がる果てしない妄想やアイデア、クスッと笑える人のクセやしぐさ、世界の真理をつくようなものの見方を細いペン先で描き続け、多くの人をひきつけている。

 本展では、作家の発想の源である小さなスケッチ、デビュー作『りんごかもしれない』や『つまんない つまんない』『なつみはなんにでもなれる』の絵本原画、さらに本展のためにヨシタケが考案した立体物や愛蔵のコレクションなど約400点以上が集結。

 豊かさな発想に支えられた、ヨシタケの「かもしれない」を体感できるような展示空間が現れる。