EXHIBITIONS

西川由里子「カーテンを開けて」

BDギャラリー
2022.05.13 - 06.08

西川由里子 おはようが聞こえる

西川由里子 Standing Bottle

 名古屋にあるBDギャラリーは、日々の何気ない景色を描くペインター・西川由里子の個展「カーテンを開けて」を開催している。

 西川由里子は1996年生まれ。2018年に日本大学芸術学部美術学科を卒業し、現在は東京都在住。近年の個展に「ある日のこと」(MAKII MASARU FINE ARTS、東京、2020)などがある。

 本展は、西川が2020年から制作している「Touch the spectrum」シリーズを紹介する大作展となる。

「瓶や缶などの無機質な工業製品をモチーフに、光のスペクトラムを通して空間そのものの存在を探っている。部屋のカーテンを開けた時、そこには柔らかい光や目を閉じたくなるような強い光、さまざまな色彩を帯びた光が空間を包み込む。それは反復不可能な景色として脳内に刻まれていくだろう。今日もまたカーテンを開けて(本展ステイトメントより)」。