EXHIBITIONS

髙⼾蒼⽉花「照らして歩いて確かめる」

アートウォール京都 2022.05

髙⼾蒼⽉花 0724 20:24 2022

髙⼾蒼⽉花 流れ星の国 2022

髙⼾蒼⽉花 蝶々の風景 2022

 京都岡崎 蔦屋書店で、注目の若手作家・髙戸蒼月花(たかど・つきか)の個展「照らして歩いて確かめる」が開催される。

 髙戸は1997年大阪府生まれ。2022年に京都芸術大学 芸術学部芸術研究科芸術専攻修士課程を修了。同年3月に開催された「ARTISTS' FAIR KYOTO 2022」にも出展するなど、京都を中心に精力的に活動しており、これからが期待される作家のひとりだ。幼少期より絵を描き続けている髙戸の作品は、「目にしたもの、出来事が果たして本当に存在するのか?」を確かめるように、油彩で描くことで、物語を再構築しているように見える。

「照らして歩いて確かめる」と題された本展では、実際に目にした光景をもとに、絵のなかで再構築しながら確かめていくようにゆっくり描いた油彩作品を発表。本に囲まれた京都岡崎 蔦屋書店の空間で、髙戸の作品群から感じられる物語を楽しみたい。

 なお作品は京都岡崎 蔦屋書店 店頭にて販売。また期間中、オンラインアストア「OIL by 美術⼿帖」でも作品の一部を取り扱う。