AdvertisementAdvertisement
ARTISTS

松田豐

Yutaka Matsuda

 松田豐は1942年大阪府生まれ。大阪芸術大学の前身である浪速短期大学美術科卒業。66年第17回具体美術展に出品し、67年「具体美術協会」会員となる。最後の具体美術展である第21回展まで連続出展し、日本におけるキネティック・アート(機械仕掛けで動く作品)の草分けとして注目された。松田の作品は、純粋な幾何学的構成でありながら、どこか親しみやすいユーモラスさと禅の精神が共存している。「空間から環境へ展」(1966)や日本万国博覧会みどり館(1970)に出展。84年文星道場・ギャラリーdoを開設し、後進の育成にも尽力する。第12回ジャパンエンバ美術コンクール優秀賞受賞(1990)。98年没。