ARTISTS

新木友行

Tomoyuki Shinki

 新木友行は1982年生まれ。大の格闘技好き。黒の繊細なラインが無骨なファイターたちの隆々とした筋肉の動きと体のもつれを的確にとらえる。ロンドンで開催された世界最大の公募展「ロイヤルアカデミー・オブ・アーツ サマーエキシビジョン2018」に選出された。また、近年その対象はファイターたちにとどまらず、陸上や水泳、車椅子バスケットボールなど様々なアスリートにまで広がり、デフォルメされた選手たちの動きは躍動感に溢れている。さらに「東京2020 オリンピック・パラリンピック公式アートポスター」のアーティストのひとりに選ばれるなど国際的な評価を得ている。

「東京2020公式アートポスター展」(東京、2020)、アートフェア東京(2019、2018、2014、2013)に参加。これまでの主な作品展示に、TRUNK(HOTEL)(東京、2018)、The Gallery of Everything(ロンドン、2018)、The Royal Academy of Arts(ロンドン、2018)、art on paper(ニューヨーク、2017)、SCOPE NEW YORK(2015)、artgeneve(スイス、2014)、東京オペラシティ アートギャラリー(2012)、浜松市美術館(静岡、2010)、高梁市成羽美術館(岡山、2009)、サントリーミュージアム[天保山](大阪、2008)など。