×
NEWS / EXHIBITION - 2017.12.17

個展「在りて在るもの」で、
小平雅尋が自らの意識を誘導しようとする「何か」に迫る

写真家・小平雅尋の個展「在りて在るもの」がタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで開催される。会期は2018年1月13日〜2月17日。

Masahiro Kodaira Tokyo Tower, Tokyo 2017.4.23 2017 gelatin silver print 35.0×52.6cm © Masahiro Kodaira Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

 小平雅尋は1972年東京都生まれ。東京造形大学在学中より高梨豊や田村彰英に写真を学び、96年からは写真家・大辻清司の作品アーカイブプロジェクトに参加した。タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムでの個展は、2015年の「他なるもの」以来、3年ぶり2度目となる。

Masahiro Kodaira Shikinejima, Tokyo 2015.8.6 2015 gelatin silver print 52.6×35.0cm © Masahiro Kodaira Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

 小平は今回、意識する前に眼が既に物事をとらえているという状態に注目。人間存在の表れを「自分自身であることを自覚する意識」と「自身の意識をコントロールしようとする『何か』」で構成される二重の存在と考え、隠れた「何か」との接触を試みて作品を制作。それらを新たなシリーズ「在りて在るもの」とした。

 同シリーズでは、前作「他なるもの」で撮影した自然現象に加えて、人や都市へと撮影対象を拡大し、社会のなかに積極的に身を投じた。本展では、このシリーズから13点を展示し、「世界と人がどのように結びついているのか、あるいは結びつくことができるのか」を提示する。

information

小平雅尋 「在りて在るもの」

会期:2018年1月13日〜2月17日
会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
住所:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル2F
電話番号:03-5575-5004
開館時間:11:00〜19:00
休廊日:日、月、祝

event

オープニングレセプション

日時:1月20日 18:00〜20:00
場所:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします