×
NEWS / EXHIBITION - 2017.2.5

タムラサトルが新シリーズ発表、nap galleryで個展

機械を用いた立体作品を数多く手がけるタムラサトルの個展「バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン」が、nap gallery(東京・秋葉原)で2月10日より開催される。

タムラサトル 10回叩くドローイング 2017 ©タムラサトル

 1972年生まれのタムラサトルは、映像や「キネティック・アート」と称される機械を用いた動く立体を中心に作品を制作している。2016年に「釜山ビエンナーレ」に参加、15年にベルリンにあるギャラリー・Lage Egalや14年に栃木県立美術館での個展など、国内外で作品を発表している。

 これまでタムラは、モチーフをデジタルはかりで計測している状態を展示した「Weight Sculpture」や、ウレタン製のワニの模型が高速回転する「スピンクロコダイル」、2つの回路が接触したり、遮断されたりすることによって電気が点滅する「接点」といった、無機能な機械装置を取り入れさまざまな作品シリーズを手がけてきた。

 本展では、定義を放棄したユーモラスな機械を使った新シリーズを発表する。

information

会期:2017年2月10日〜3月11日
会場:nap gallery
住所:千代田区外神田6-11-14 206号
電話番号:03-6803-2429
開館時間:水・金・土 12:00〜18:30、木 12:00〜21:00、日は予約のみ
休館日:月火祝
URL:www.napgallery.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします