NEWS / HEADLINE - 2019.3.25

秋田公立美術大学が謝辞を検閲。学生に謝罪

3月21日に行われた秋田公立美術大学の卒業式で読み上げられた卒業生代表の謝辞で、秋田市新屋地区の常設型迎撃ミサイル基地の配備計画についての内容が学校からの要請によって削除されていたことが明らかになった。

秋田公立美術大学 出典=ウィキメディア・コモンズ

 3月21日に行われた秋田公立美術大学の卒業式で読み上げられた卒業生代表の謝辞で、その一部が学校からの要請によって削除されていたことが明らかになった。

 削除されたのは、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場の状況に触れた以下の部分。

すでに報道等で明らかなように、大学からも近い、住宅や学校が密集する新屋地区に常設型迎撃ミサイル基地の配備計画が持ち上がるなど、私たちの在学中に地域住民や大学関係者にとって重要な問題が起こったこともまた事実です。これから卒業する私たちを含め、新屋という場所に暮らし、学ぶ学生にとって、こうした問題は決して無視することは出来ません。私たち卒業生は、今後も秋田公立美大の学生および地域の皆様が平和な生活を過ごせるよう、心から願っています。

 今回、卒業生代表を務めた長門あゆみは「美術手帖」の取材に対して次のように話す。「卒業式の10日前に学校から謝辞の依頼があり、すでに秋田を離れ帰郷していた私は、メールで担当教員2人とやりとりをしながら謝辞を書き上げました。卒業式の2日前からは、先生方に直接“この文章でいきます”とお話をし、学校に文章を提出し、リハーサルを行い、その直後、学生課長に原稿を見せました。そしてその日の夜8時頃に突然、学生課長から電話で“イージス配備計画を彷彿させる箇所をカットしたい”と連絡がありました」。

 また、卒業に際して一部の学生には学長賞、奨励賞など様々な賞が授与されるが、長門は「秋田市長特別賞」を授与されることが事前に決定していた。学生課長からは、「来賓や、(長門に賞を授与する)市長も来校するため、政治的でデリケートな問題に触れるのはよくない」といった旨の言葉もあったという。

 電話を受けた直後、長門は担当教員や知人にこのことを相談。担当教員の1人は「おかしいのではないか」と強く反発したが、知人の一部からは「(秋田を離れる長門が)秋田の問題に言及するのは無責任ではないか?」との声もあったという。

 今回の謝辞に込めた思いについて長門は、「ミサイル基地の配備計画について、地域住民の方々の声がどれだけ反映されているかが疑問でした。また、大学在学中に学生のあいだで陸上自衛隊新屋演習場のことが話題にのぼることはまったくと言っていいほどなかった。私自身も勉強不足で端的に賛成・反対と言えないが、基地をめぐる問題を話し、考えることに意味があると思う。謝辞をきっかけに、後輩たちがそのことに向き合ってくれたらという思いもありました」と話す。

 しかし、卒業式本番までに時間が迫っていたことや「無責任」といった知人の言葉を受け、長門は該当箇所をカットした謝辞を前日中に作成したという。「演習場の問題を語るべきだという確信はある。けれど、私には語るための知識も技術もないため、自分自身で該当部分の削除という結果を選んだことにはやるせなさがあります」と語る。

 なお今回の出来事を受け、長門に対しては大学企画課からは25日朝、「新聞記事が大きな話題になってしまって申し訳ない」といった旨の謝罪の連絡があったという。