NEWS / EXHIBITION - 2017.12.19

新作と巨大壁画も。佐伯俊男のオリジナル作品が一堂に会する過去最大規模の個展が開催

イラストレーター・佐伯俊男の個展がNANZUKAで開催される。佐伯のオリジナル作品をまとめた個展としては過去最大規模となる本展の会期は2018年1月20日〜2月24日。

佐伯俊男 copyright by Toshio Saeki courtesy of NANZUKA

佐伯俊男 copyright by Toshio Saeki courtesy of NANZUKA

 イラストレーター・佐伯俊男は1945年宮崎県生まれ。幼少期を大坂で過ごし、69年に上京。エロスやユーモア、ホラーを織り交ぜた作品が、寺山修司や澁澤龍彦らに評価され、70年に週刊誌『平凡パンチ』でデビューした。

佐伯俊男 copyright by Toshio Saeki courtesy of NANZUKA

 同年に発表した処女作品集『佐伯俊男画集』(アグレマン社)の原画展をパリで開催したときには、展覧会終了後にすべての作品が盗難に遭ったほか、72年にジョン・レノンとオノヨーコのアルバム「サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ」のジャケットに使用されるなど、作品は熱狂的な支持を受けた。

佐伯俊男 copyright by Toshio Saeki courtesy of NANZUKA

 近年はイギリス、イスラエル、アメリカ、香港をはじめとした世界各国で展覧会を開催すると同時に、作品集も積極的に発表。現代の春画、妖怪画とも言える作品は、日本のアンダーグラウンドシーンを越えて、国際的に受け入れられている。

 NANZUKAでは初個展となる本展では、70年代から80年代のオリジナル作品に加えて、新作を公開。また、彩色を加えた巨大壁画にも挑戦する。

佐伯俊男 copyright by Toshio Saeki courtesy of NANZUKA