NEWS / EXHIBITION - 2017.10.30

「装飾」とは何か? 庭園美術館の「装飾は流転する」で7組が共演

時代とともに変化する「装飾」にスポットを当てた展覧会「装飾は流転する」が東京都庭園美術館で開催される。会期は2017年11月18日〜2018年2月25日。

ニンケ・コスター 時のエレメント 2015 シリコンゴム Photo by David in den Bosch

ニンケ・コスター 時のエレメント 2015 シリコンゴム Photo by David in den Bosch

 弔いの儀式や呪術的なタトゥーに始まった「装飾」は、常に人々とともに存在してきた。ときに形骸化しながらも、時代とともに変化を繰り返し生き残ってきた「装飾」をテーマにした展覧会が、この冬東京都庭園美術館で開催される。

ヴィム・デルヴォワ ノーチラス(3分の1縮尺模型) 2013 ステンレス鋼 作家蔵 © Studio Wim Delvoye,Belgium
山縣良和 writtenafterwards - flowers Ⅱ 2017年AWコレクション Photo by Kenshu Shintsubo

 本展には、消費社会を象徴するプロジェクトを展開したヴィム・デルヴォワ(ベルギー)や、ファションブランド「writtenafterwards」を主催する山縣良和(日本)など、年齢や国籍、ジャンルが異なる7組のアーティストが参加。 

ヴィム・デルヴォワ 低床トレーラー 2014、ダンプカー 2012 © Studio Wim Delvoye,Belgium

 ゴシック装飾を施したダンプカーや、さまざまな文化圏の模様をリミックスした絨毯などが展示される。

コア・ポア 聖なる山 2014 キャンバスにアクリル 作家蔵