×
INTERVIEW - 2017.3.8

日本のガウディと呼ばれる男。
建築家・梵寿綱インタビュー 前編

1983年、早稲田大学前にそびえる奇怪な集合住宅「和世陀」(わせだ)をつくった建築家・梵寿綱(ぼん・じゅこう)。アーティスティックな彼がつくる建物は、いまなお斬新で、生命力にあふれている。梵寿綱とはいったい何者なのか。彼の言葉を通して、その迷宮の扉が開く。

自身の建築「和世陀」前にて Photo by Koki Sunada

──「和世陀」のイメージはどこから生まれたのでしょうか。

 できあがったものを見ると、こうしたいと僕がイメージしていたように見えちゃうんだけど、そうではなくて。どんな建物も、事情があって、そうするしかないから、こうなった。ああしたい、こうしたいと言ってそのままできたものはひとつもない。

 「和世陀」もイメージというより、自然とできたかたちなんだよね。6階建ての集合住宅をつくるということだけは決まっていて、敷地がいびつな五角形なので、梁と柱で構成する直線型よりは壁式構造を利用したカーブが合うなと。この規模の住宅にかけられる予算も含めて合理的に考えた結果なんです。

 外壁のコンクリート彫刻がだいぶできてきて、まだビニールを被っていた頃、「突飛な建築ができる」と噂が広まって。彫刻家やらタイル職人やらが集まってきて、「建築家が自らコンクリートで彫刻をつくっていることが面白い、こいつは仲間だ。自分も参加したい」と言いだして。それで「じゃあ、やってみろよ」と(笑)。

「和世陀」(Art Complex IV)外観 Photo by Koki Sunada

──「和世陀」にはいろいろな装飾が随所に散りばめられていますが、参加したアーティストや職人は何人くらいいるのでしょうか。

 15、6人くらいかな。外壁彫刻は僕がぜんぶやっちゃったけど、外壁から飛び出ているアルミ彫刻は平田くん、床の大理石モザイクは当時イタリアで修行していた上哲男、ロビーにある手の彫刻は竹田光幸さん、他にもたくさん。僕から声をかけたのは竹田さんだけで、ほかはみんな自然と集まってきた。具体的な発注はぜずに、僕からのスケッチもドローイングなしで、できあがるのを待つ。

 ぶつかってみないとわからない。これも縁ってことだね。意欲のある若いアーティストの活躍の場を増やしたいという思いもあるし、本人の持っている可能性を引き出したい。自分のことを表現したいと思っている人はダメ。純粋につくりたいという意欲に溢れているかどうか、その人間を見分けることが、僕の大事な仕事なんだ。

「和世陀」ロビーにある手の彫刻。制作は竹田光幸

──完成した当時の反響は、どのようなものでしたか。

 こんな学園都市に、とんでもないラブホテルみたいのができた(笑)。

 ビルの完成と同時に、協働したアーティストや職人の作品発表も兼ねて合同展覧会を開いたんだよ。「建築そのものを展覧会する」という、当時にしては画期的なイベントだったようで、『週刊新潮』が「ラブホテルか芸術か」というタイトルで巻頭5ページのグラビアで取り上げたのをきっかけに、さまざまな媒体から取材を受けたよ。いまでも時折、取材を受ける。30年以上もずっと話題になる建築って、なかなかないんじゃないかな。

「和世陀」外観の彫刻 Photo by Koki Sunada

──建築名が「和世陀(Waseda el Drado)」。他にも梵さんの建築は当て字のような建築名が多いですが、なぜこのような名前に至るのでしょうか。

 日本語、とくに漢字は言葉自体が象徴性をもっている。それを選び合わせることで僕がつくる建物のイメージと合ってくる。早稲田という名前は、早く稲ができる豊かな土地ということなのかな。早咲のイメージで、土地の名前だけれども大学名としてもとてもいいなと思った。ただ、マンション名として「早稲田」としちゃうと、ただの地名がついたマンションになっちゃう。

 建物の力をもっと引き出したくて、なんとなく仏が世の中をまとめている、理想郷(エル・ドラード)がある世界を想い、このような名を与えたんだよね。「寿舞」(すまい)という言葉も住宅によく使うんだけど、「住まう」とすると即物的だけれど、寿が舞うなかに生きていると考えるだけで心配りが違ってくるでしょ。名前の付け方で、建築も関わる人も、大いなる力に向かわせることができる。

 ビルと書くとただ建ってるものだけど、「美瑠」と書くとアートとして人の心を打つものになる。こうして、僕自身も言葉によって、無意識のうちに建築と結びついていくと思っている。

(後編につづく)

PROFILE
ぼん・じゅこう 建築家。1934年東京生まれ。63年にREMINGTON-RAND LIBRARY BEAUREUX社(アメリカ)勤務、65年アメリカとメキシコ周遊を経て帰国、74年に梵寿綱を名乗り、梵寿綱とその仲間たちを結成、アート・コンプレックス運動を開始。主な作品に、「阿維智」「和世陀」「無量寿舞」「舞都和亜」など。

information

書籍情報『生命の讃歌 建築家 梵寿綱+羽深隆雄』

刊行:美術出版社
発売日:2017年 2月22日
価格:5800円+税
URL:http://www.bijutsu.press/books/2017/01/-praise-for-the-lifeworks-of-architects-takao-habuka-with-mentor-von-jour-caux.html
 
トークイベント「梵寿綱の脳内巡礼」
『生命の讃歌 建築家 梵寿綱+羽深隆雄』(美術出版社)の出版を記念し、荻窪のブック&ギャラリー「6次元」にて、トークイベントを開催。
日時:2017年3月11日 15:00〜
ゲスト:梵寿綱
聞き手:ナカムラクニオ
会場:6次元
住所:東京都杉並区上荻1-10-3 2階
電話番号:03-3393-3539
予約:http://rokujigen.blogspot.jp 
料金:1500円
 
 

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします