EXHIBITIONS

川人綾 展「My Grid Paintings:2016-2021」

川人綾 CUO C/U/O_dccxxx-dccxxx_(w)_II 2021 撮影=大島拓也/Takuya Oshima(Northern Studio)

 京都在住のアーティスト、川人綾(かわと・あや)の個展「My Grid Paintings: 2016-2021」がMITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERYで開催される。会期は11月24日~12月6日。

 川人は1988年奈良県生まれ。2019年に東京藝術大学大学院 美術研究科先端芸術表現博士後期課程を修了し、現在は京都を拠点に活動している。

 木製パネル一面に、小さく格子状に塗り重ねた色彩のグリッドが相関し共鳴する作品「グリッド・ペインティング」が、国内外で高く評価される川人。神経科学者の父を持ち、幼い頃から「脳を通して世界を把握する」ということを意識するようになり、また学生時代に京都で染織を学んだことなども影響し、「制御とズレ」という普遍的なテーマへとたどり着いた。綿密に人がつくるものに生じるズレの美しさを意識した重なり連なる色彩は優美で印象深く、光によって気まぐれに顕現する複雑な色彩も神秘的な魅力を放ち、鑑賞者を引き込む。

 本展では、川人がこれまでの制作の原点を振り返り手がけた新作を合わせ、約30点を一堂に展覧する。

美術手帖 ID

無料会員

¥0

お気に入り登録や、マイページなど便利な機能がご利用いただけます。

プレミアム会員

¥300 / 月〜

バックナンバー閲覧など有料会員限定コンテンツがお楽しみいただけます。