AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

黃品玲(ピンリン・ホワン)「川面から昇る夢」

2021.10.29 - 12.04

黃品玲 Whisper of the Mountains © Pin-Ling Huang Courtesy of nca | nichido contemporary

 nca | nichido contemporary artは、台湾出身のアーティスト・黄品玲(ピンリン・ホワン)の個展「川面から昇る夢」を開催。12月4日まで。

 ホワンは1986年台湾・新竹市県生まれ。2009年に国立台北芸術大学を、14年にエコールデボザール(フランス国立高等美術学校)大学院を卒業。現在は新竹市県を拠点に、自身の体験を描き留めたスケッチブックをもとに風景画を描く。その作品は、柔らかで透明感のある色彩と、滑らかな筆の痕跡によって独特の世界を創造し、それは実在しない風景でありながらも、どこか懐かしさをと心地よさを感じさせる。

 本展では Honggah Museum(台北)で出展された大作含む、近・新作を一堂に展示している。タイトル「川面から昇る夢」は、ホワンの友人・朱嘉漢(Ja-Han Chu)の著書『Dans le Meilleur des Cas(In the Best Case Scenario / 最良のシナリオ)』で引用されたアレキサンドル・ヴィアラテのある著書の一節、「夢が川面から昇り、私は立ち止まる。夢は多くの事を知っているが、それがどこから来たのかは分からない…」に共感し、強く印象に残っていたことからタイトルに反映している。

 無意識の奥底にある感情や記憶が混ざり合い、別の様々な姿となって現れる夢に自身の本質が反映されるだろうと考えるホワン。近年は夢や感情の断片も絵画のなかに取り入れようようと、様々な色彩の筆致を重ね、新たな手法をもってより重層的な絵画表現を生み出している。その幻想世界のなかに、私たちがその先に起こるであろう様々なシーンを予感させ、新たな気づきをもたらす。