EXHIBITIONS

奈良祐希「Hybridizing」

© Yuki Nara Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

© Yuki Nara Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

 陶芸家・建築家、奈良祐希の個展がAkio Nagasawa Gallery Aoyamaで開催される。

 奈良は1989年石川県金沢市生まれ。350余年の歴史を誇る大樋焼十一代大樋長左衛門を父に持ちながらも、当初は陶芸から距離を置き、東京藝術大学で建築を学んだ。その間、陶芸に興味を持ち大学院を休学。多治見市陶磁器意匠研究所へ入所し、その後、17年に同大学大学大学院美術研究科建築専攻を修了した。陶芸家として、そして建築家としてふたつの才能を併せ持ち、すでに国内外から注目を浴びている。

 奈良が作品制作でつねに意識しているのは、陶芸と建築、デジタルとアナログ、内と外、混沌と秩序にある「境界」や「間」。日本の文化や自然を学び、参照しながらエッセンスを抽出し、伝統的な陶芸とは異なる革新的な領域と融合させることで超現代化する制作スタイルで、研究者のように様々な実験を繰り返しながら、ひとつの正解を導き出そうとしている。

 本展では、奈良の処女作であり高い評価を受けている「Bone Flower」シリーズと、「Ice Wall」シリーズ20余点を一堂に展示。本展で新たに発表する「Ice Wall」シリーズは、陶芸と最先端のテクノロジーの融合の先に見つけた新しいかたちを提示する。

 奈良自身が幼少期を過ごした金沢の壮大な雪景色から作品の着想を得たと言う同シリーズは、平面と立体の間のようで、線と面の間でもあるような不思議な揺らぎを持ち、巧緻を極めた美しい幾何学模様がふんだんにかけられた釉薬によって神々しく光り輝く。