EXHIBITIONS

マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画

DESIGN COLLECTION by MATSUYA GINZA メインビジュアル

ロビー展示イメージ

日本デザインコミッティー初期メンバーによるデザインコレクション選定会の様子

深澤直人 制作風景

北川原温 模型

小泉誠 試作

永井一史 スケッチ

佐藤卓 スケッチ

鈴木康広 スケッチ

「日本デザインコミッティー」に所属するメンバーたちの、「秘められた」デザインの過程に焦点を当てた展覧会が開催される。

 日本デザインコミッティーは1953年に設立され、銀座の百貨店・松屋とともに、優れたプロダクトの選定やデザイン展の開催を通し、日本のデザインに貢献してきた。深澤直人、佐藤卓、柏木博、永井一正、須藤玲子、隈研吾、内藤廣、鈴木康広ら各分野を代表するデザイナー、建築家、評論家、アーティストが自主的に参加。現在、40〜90代までのメンバー26名で構成されている。

 本展のディレクションは、若手のメンバーのひとりであり、ハードウェア、ソフトウェアからインタラクティブアートまで、多岐にわたって活動するTakramのデザインエンジニア・田川欣哉が担当。次世代に向けて、デザインのエッセンスが刻まれたメンバーたちのスケッチ、図面、模型の数々を展示する。