EXHIBITIONS

45周年記念展 New Works

西村画廊|06.24 - 08.02

舟越桂 樹の水の音 2019

曽谷朝絵 Chords 2018-19

 イギリスの現代美術に早くから注目し、また国内作家の魅力を伝えてきた西村画廊が開廊45周年を迎える。

 西村画廊は1974年に開廊。当時馴染みの薄かったデイヴィッド・ホックニーやリチャード・ハミルトンなどの展覧会を企画し、85年に舟越桂の最初の展覧会を開催したことでも知られる。現在は、舟越をはじめ、小林孝亘や押江千衣子、三沢厚彦、町田久美、曽谷朝絵、指田菜穂子らの国内作家を中心に、個展やグループ展によって作家それぞれを多角的に紹介している。

 本展では、約半世紀の歩みを振り返りながら、舟越や、小林、三沢ら所属アーティストの新作を展示する。