EXHIBITIONS

変革の煽動者 佐々木耕成 アーカイブ

熊本県立美術館|10.05 - 12.15

アトリエでの佐々木耕成 2017

佐々木耕成 無題 2017 個人蔵

 熊本県出身の画家・佐々木耕成は、前衛美術グループ「ジャックの会」の実質的なリーダーとして活躍。しかし、1967年の渡米から2000年代初頭までその消息が不明だったため、その名はあまり知られていない。

 60年代に「美術の変革」を目指した佐々木は、人々に芸術家のイメージを定着させるためのインスタレーションやパフォーマンスが中心に展開。絵画作品の大半は、本人によって廃棄され、当時の佐々木作品はほとんど現存しない。

 本展は、佐々木を故郷で紹介する55年ぶりの展覧会。画家や関係者から提供を受けた膨大な記録写真や「ジャックの会」に関係する資料、2000年代初頭から制作された近作・最新作を通して、その活動の軌跡をたどる。