EXHIBITIONS

筒井康隆展

世田谷文学館|10.06 - 12.09

筒井康隆作品の数々 

筒井康隆『シナリオ・時をかける少女』原稿 1983

筒井康隆『虚航船団』原稿

自作・主演舞台『ジーザス・クライスト・トリックスター』ポスター

「断筆宣言」記念人形 1993

 エンターテインメントと純文学の垣根を自由に越境し、つねに読者を驚かせ、魅了し続ける作家・筒井康隆。小説『時をかける少女』『家族八景』『文学部唯野教授』『大いなる助走』ほか多数の作品を手がけ、舞台・テレビ出演などでも幅広く活躍している。

 筒井は1960年、江戸川乱歩が編集する雑誌『宝石』に掲載された「お助け」で作家デビュー。星新一、小松左京ともに「SF御三家」と呼ばれ人気を博す。その後は、SFの枠にとどまらず、実験小説を次々と発表し、唯一無二の世界観を築き上げてきた。

 作家初の大規模展覧会となる本展では、規格外のスケールで展開された創作活動を体感できる独創的な空間で、初公開の原稿ほか多彩な資料を展示。会場デザインは、トラフ建築設計事務所が手がける。

 「筒井康隆大一座」を立ち上げるなど、筒井がのめりこんだ演劇にスポットを当てた「筒井康隆劇場」のコーナーでは、自らが俳優として出演したチェーホフ作『かもめ』など、貴重な映像を上映。さらに、ファンとのユニークな交流や多彩なエピソードも交えて紹介する。