EXHIBITIONS

アイ・チョー・クリスティン

霊性と寓意

金沢21世紀美術館|04.27 - 08.18

アイ・チョー・クリスティン Too Many Fishes(部分) 2013 Copyright of Ay Tjoe Christine Courtesy of Ota Fine Arts

アイ・チョー・クリスティン Too Many Fishes 2013 Copyright of Ay Tjoe Christine Courtesy of Ota Fine Arts

アイ・チョー・クリスティン We Are Getting Highly Overrated Because You've Never Known Us 01 2015 © Ay Tjoe Christine Courtesy of Ota Fine Arts

アイ・チョー・クリスティン Lama Sabakhtani #01 2010 © Ay Tjoe Christine Courtesy of Ota Fine Arts

 インドネシアの現代美術作家、アイ・チョー・クリスティンの国内美術館では初となる個展が開催される。

 アイ・チョーは1973年生まれ、バンドゥン工科大学美術学部を卒業。テキスタイルデザイナーとして働いた後、2000年頃にアーティストとしてのキャリアをスタートさせた。版画技法のひとつであるドライポイントやオイルバーを使ったペインティング、彫刻やインスタレーション、サウンドアートなど、様々な媒体で制作。作品は、キリスト教における説話や精神的主題に基づき、人間の不完全性や二面性についての深い洞察に裏づけられ、とくにキャンバスの余白との魅力的な調和をみせる抽象化されたイメージには、宗教的な図像を暗示すること以上に、人間と万物との関係性を探究するアイ・チョーの真摯な姿勢が表れている。

 本展では、活動初期のドライポイントやドローイング、重層的な構造を特徴とする「レイヤー絵画」と呼ばれる油彩画、ソフトスカルプチャーや大規模なインスタレーション、さらに本展のために制作された新作の大型絵画など約50点を展示。およそ20年にわたる多面的な創作活動の成果を紹介する。