AdvertisementAdvertisement
INSIGHT - 2019.10.31

公共彫刻から芸術祭へ:到達/切断地点としての「ファーレ立川」

白井美穂によるペデストリアンデッキ看板。白井は、女性性に負荷をかけるようなイメージを用いた「看板」を2ヶ所に3枚制作した

フェリックス・ゴンザレス=トレスの作品。公式サイトでは「非常階段看板」とだけ記載され作品名なしとされているが、作品名が《ただそれだけの景色》とされている資料もある

ドナルド・ジャッドによる壁面彫刻。ジャッドの遺作である

山口啓介《Tachikawa Box》は案内板の機能を有する。本作のようにライトが仕込まれ、夜間により印象的に見えるものも多い

マリーナ・アブラモヴィッチ《黒い竜-家族用》。人の体の頭、心臓、性器に当たる部分に紅石英のまくらが置かれている。作家自身は「見るのではなく、そこに体を押しつける」ように本作を設計し、この壁が「安息の場」として機能するようにと解説している

ジョセフ・コスース《呪文、ノエマのために(テキスト:石牟礼道子「椿の海の記」、ジェームズ・ジョイス「若い芸術家の肖像」)》。石牟礼とジョイスのテクストが42メートルにわたって壁に直接刻まれている

宮島達男《Luna》は換気塔の役割を担っている。現在、電気がついておらず、本来の姿で鑑賞することができなくなっている

河口龍夫《関係-未来・2132年、関係-未来・ 2155年、関係-未来・2157年》。本来は、それぞれ2132年、2155年、2157年の木の幹の太さを示す大きさの異なる3つの鉄の輪が3本の木にかけられていたが、現在ではもっとも小さい輪(2132年)のみとなった。恒久設置への批判的な視座を有し、都市の機能という枠組みから逸脱していることも興味深い

片瀬和夫《星座又は星の宿》の前で行われていたHostile architecture(排除アート化)のための工事

前へ
次へ
3 / 9
前へ
次へ
編集部