EXHIBITIONS

特別展「竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス」

竹内栖鳳 班猫 1924(大正13)年 山種美術館蔵 重要文化財

竹内栖鳳 みゝづく 1933(昭和8)年頃 山種美術館蔵

竹内栖鳳 蛙と蜻蛉 1934(昭和9)年 山種美術館蔵

竹内栖鳳 鴨雛 1937(昭和12)年頃 山種美術館蔵

西山翠嶂 狗子 1957(昭和32)年 山種美術館蔵

西村五雲 白熊 1907(明治40)年 山種美術館蔵

橋本関雪 霜の朝 1935-44年頃(昭和10年代) 山種美術館蔵

小林古径 猫 1946(昭和21)年 山種美術館蔵

 古今の日本の絵画において、様々に描かれてきた動物たち。愛嬌のある仕草や優美な佇まいが、私たちの心を和ませ、ときに癒しとなっている。

 日本画家の竹内栖鳳(たけうち・ほうせい、1864〜1942)は、近代京都画壇を牽引し、卓越した描写力により動物画の名手として高く評価された。生涯で数多くの動物を描き、とくに1924年に制作された《班猫》(重要文化財)は、画家の代表作であるとともに、近代日本画における動物画の傑作としていまに伝わる。

 静岡県の沼津で偶然出会った猫に魅せられた栖鳳は、この猫を丹念に観察、写生して同作品を完成させた。猫のしなやかな動きや鋭い視線、柔らかな毛を巧みな筆遣いで描き出した《班猫》は、山種美術館のコレクションのなかでもっとも人気を集める作品のひとつだ。
 
 本展は、栖鳳をはじめとする近代・現代の日本画家が手がけた、魅力あふれる動物の表現を紹介する展覧会。《班猫》を約4年ぶりに特別公開するとともに、栖鳳が動物を描いた絵画17点を一挙に展示する。

 あわせて、栖鳳に学んだ西村五雲(にしむら・ごうん)、西山翠嶂(にしやま・すいしょう)、橋本関雪(はしもと・かんせつ)や、上村松篁(うえむら・しょうこう)、竹内浩一(たけうち・こういち)ら動物表現を得意とする京都の画家、さらに、小林古径(こばやし・こけい)、奥村土牛(おくむら・とぎゅう)ら東京画壇を代表する画家たちによる、個性豊かな動物画の優品が勢揃いする。

※山種美術館は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当面のあいだ臨時休館。5月16日より開幕予定の「竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス」展は、開幕を延期(会期未定)。開幕の時期が決まり次第、美術館のホームページおよび公式SNSにて案内。