EXHIBITIONS

特別展 やなせたかし生誕100周年記念

やなせたかしとアンパンマン展

2020.01.25 - 03.29

『アンパンマン』 © やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵

『やさしいライオン』 フレーベル館 1975 © やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵

ボオ氏 ブランコの巻 © やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団蔵

 子供たちに愛されてきたアンパンマンの生みの親・やなせたかしの生誕100周年を記念した展覧会が開催される。

 やなせは1919年高知県出身。東京高等工芸学校工芸図案科(現・千葉大学)を卒業。東京田辺製薬宣伝部に入社後、徴兵され小倉の部隊に入隊。復員後は、高知新聞社に入社し、雑誌の編集を担当した。その後、上京して三越宣伝部にグラフィックデザイナーとして勤務。53年よりフリーとなり、マンガ家、舞台美術家、作詞家、放送作家として活躍した。

 67年に『ボオ氏』で週刊朝日マンガ賞を受賞。73年には雑誌『詩とメルヘン』をサンリオから創刊し、同年フレーベル館の月刊絵本『キンダーおはなしえほん』にて『あんぱんまん』が掲載された。そして88年にアニメ『それいけ!アンパンマン』が放映され一躍人気となった。

 本展では、絵本やマンガ、詩、イラストなどやなせの多彩な創作活動の歩みを、「漫画」「詩とイラスト」「絵本原画」「アンパンマン誕生」「アンパンマンタブロー画」の5章で紹介。「アンパンマン」など代表作の絵本原画やタブロー画をはじめ、創作活動の原点とも言えるマンガや、30年間編集長を務めた雑誌『詩とメルヘン』の表紙原画などが展示される。会期中には、絵本朗読会など親子で楽しめる企画も開催。