EXHIBITIONS

世界のブックデザイン2018-19

印刷博物館 P&Pギャラリー
2019.12.14 - 2020.03.29

受賞図書 集合写真

Jaroslaw Kubiak, Daniel Wittner, Felix Holler 著『Name Waffe Stern- Das Emblem der Roten Armee Fraktion』 Institut für Buchkunst an der HGB Leipzig 発行 Felix Holler, Jaroslaw Kubiak und Daniel Wittner デザイン ドイツの最も美しい本 2019 エディトリアルデザイン財団賞

Norio Nakamura (中村至男) 著 『PIXELZOO』 Edition Bracklo 発行 © Stiftung Buchkunst / Uwe Dettmar, Frankfurt am Main ドイツの最も美しい本 2019 入賞

Dionne Brand 著 『Theory』 Knopf Canada 発行 アルクイン・ソサエティ・カナダ・ブック・デザイン賞 2018 入賞

Jerzy Gawronski & Peter Kranendonk 著 『AMSTERDAM STUFF』 Van Zoetendaal Publishers & De Harmonie, Monumenten & Archeologie Gemeente Amsterdam 発行 世界で最も美しい本 2019 金の活字賞

Asfa-Wossen Asserate, Philipp Hübl 他 著 『Tugenden für das 21. Jahrhundert』 Nicolai Publishing & Intelligence GmbH, Berlin 発行 © Stiftung Buchkunst / Uwe Dettmar, Frankfurt am Main ドイツの最も美しい本 2019 入賞

Nele Brönner 著 『Begel, der Egel』 Luftschacht Verlag, Wien 発行 © Stiftung Buchkunst / Uwe Dettmar, Frankfurt am Main ドイツの最も美しい本 2019 入賞

「世界のブックデザイン」展は、世界各地のコンクールで入選した図書が揃う展覧会。本展では、3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書11点に、7ヶ国(日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国)のコンクール入選図書を加えたおよそ170点が展示される。

 会場では、各国コンクール受賞作は実際に手にとり、世界最高峰のブックデザインと造本技術を楽しむことができるほか、今年は日本とオーストリアの国交樹立150周年にあたり、これまでの受賞図書のなかから厳選したオーストリアの本20冊も見ることができる。

 会期中には、第53回造本装幀コンクール受賞者を招いたトークショーや、製本を体験できるワークショップなどのイベントも開催。