EXHIBITIONS

山沢栄子 私の現代

山沢栄子 What I am doing No.24 1982/プリント1986 大阪中之島美術館蔵

山沢栄子 What I am doing No.8 1980/プリント1986 大阪中之島美術館蔵

 山沢栄子は1899年大阪府生まれの写真家。1920年代にアメリカで写真を学び、30年代から半世紀以上にわたって日本における女性写真家の草分けとして活躍した。初期は主にポートレイトを撮影し、50年代から写真による造形の実験を重ねることで、独自の表現に到達。晩年の80年代には抽象絵画を思わせる写真作品を制作する芸術家として知られるようになった。代表作の「私の現代/What I am doing」シリーズには、自身の過去の作品や写真機材を移し込んだコンセプチュアルな表現も見られる。
 
 山沢の生誕120年を記念した本展では、70〜80年代に手がけたカラーとモノクロによる抽象写真シリーズ「私の現代/What I am doing」を中心に、抽象表現の原点を示す60年代の写真集、戦前の活動を伝えるポートレイトや関連資料など約140点を展示。日本写真の流れとは異なる地平で創作を続けた、芸術家の歩みをたどる。