EXHIBITIONS

宮島達男 / ダレン・アーモンド/ 森万里子

SCAI THE BATHHOUSE|08.28 - 09.15

森万里子 Spiffier ll 2017-18 撮影=表恒匡

 月の満ち欠けなど古代から続く天体観測から最新の宇宙論まで多様な視点を取り入れ、科学的なアプローチで鑑賞者の知覚を呼び覚ます作品を手がける森万里子、ダレン・アーモンド、宮島達男によるグループ展が開催される。

 森は古代ケルトや縄文文化における儀式や信仰などを題材に、生と死を象徴するモニュメントを制作。近年では「宇宙の96%は見えないエネルギーで構成される」と言う学説から着想を得た、様々な宇宙論の解釈に基づく彫刻作品に取り組む。

 アーモンドは、1990年代から日本を訪れ、京都・比叡山で月光のもと撮影したシリーズなど、未知への遠征と光の感度に導かれた写真、彫刻作品を発表。ペインティングシリーズ 「Timescape」(2016-)では天文学的資料と絵画の技法によって、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた星雲や恒星系のイメージを構成した。

 「生命体のような動きをするガジェット」を求め、人工知能の研究者とも共同制作を行う宮島は、円形の鏡面で周辺の環境を写し、LEDカウンターによって時間の経過や流転といった自然のサイクルを反映した《Moon in the ground No.2》(2015)など、生命の循環を数字に託した作品を制作している。