EXHIBITIONS

開館45周年記念展

没後50年 藤田嗣治 本のしごと

文字を装う絵の世界

ベルナール・ビュフェ美術館|06.22 - 08.20, 08.22 - 10.29

藤田嗣治 1928頃 撮影=アンドレ・ケルテス ullstein bild / Uniphoto Press

藤田嗣治 1928頃 撮影=アンドレ・ケルテス ullstein bild / Uniphoto Press

 フランスで画家としての地位を確立し、絵画だけでなく挿絵本の仕事にも積極的に取り組んだ藤田嗣治。その没後50年の節目に、藤田の画業の中でも挿絵を中心に紹介する展覧会が開催される。

 ヨーロッパでは歴史が古く、書物としてだけでなく芸術作品としてもみなされた挿絵本。とりわけ、藤田がパリに渡った19世紀後半〜20世紀にかけて、ピカソやシャガールらが挿絵や装丁を手がけた本が次々と出版され、挿絵本の興隆期でもあった。

 1919年、藤田は初めての挿絵本『詩数篇』を制作し、20年代には30冊以上の挿絵本をフランスで出版。すでに挿絵に着手していた他の画家たちをも凌駕する仕事量は、当時のフランスでの藤田の人気を反映したものであると同時に、藤田自身が挿絵本の世界に魅せられていたことを物語っている。

 本展では、戦前のフランスで発行された挿絵本、30〜40年代の日本での出版に関わる仕事、フランスに移住してからの大型豪華本の挿絵など、生涯を通じて100冊を超えた「本のしごと」を紹介。また、絵画や版画といった「絵のしごと」、藤田が友人に送ったはがきや絵手紙、手づくりの玩具、陶芸作品なども同時に展示し、その幅広い創作を紹介する。

 加えて、「猫の画家」とも呼ばれる藤田にちなんだ小企画「藤田と猫」も同時に開催。26匹を画面いっぱいに描いた屏風作品《猫》が見どころだ。