AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

(((((,

2022.02.26 - 03.20
 駒込倉庫で、気鋭の新進作家6名による展覧会「(((((,」が開催される。本展企画・キュレーションは久保田智広、原田美緒。

 展覧会名「 (((((, 」は便宜的に「かっことじない」と読み、「開かれた」「結論を出さない」という意味を持つ造語だ。整然と並ぶ「かっこ」に、いったん「読点」が打たれているこのタイトルは、立ち止まって観客と一緒に「あたりまえ」を考える本展の振る舞いそのものを表している。

 本展の参加作家は、アリウェン、うらあやか、大橋鉄郎、倉敷安耶、パク・サンヒョン、檜皮一彦。様々なバックグラウンドを持つアーティスト6名は、「あたりまえ」とされる社会規範をとらえ直すことを試みる。

 韓国出身のパク・サンヒョンは、異邦人でありクィア当事者である自身の置かれた状況を、内容と形式の両側面から彫刻的アプローチで考察する。北海道在住の大橋鉄郎は、現代における情報との関わりを考察する作風で知られているが、その作品群の一部には作家自身の性に対する嫌悪が動機として潜在している。

 檜皮一彦の「破壊と創造」と「不自由」をテーマとした新作インスタレーションは、「不自由な鑑賞体験」を課すことと、「破壊と創造」の理不尽さの両輪で、鑑賞者に鮮烈な体験をもたらす試み。チリ出身のアリウェンは、トランス女性として生きていくなかで関わることになった、ある家族をめぐる詩的な写真を、朗読と組み合わせてインスタレーションで提示する。

 自身と他者の融合の欲求を制作にて昇華する倉敷安耶は、人類の持つどうしようもない差異をひとつのものに取り込む展望の一端を提示する。観客との協働によって成立させる作品を多く手がけてきたうらあやかは、時として非合理的なその振る舞いにおいて、効率的で合理性を強要する現代社会への避難所にもなりうる。

 本展に参加する6名の作家は、ジェンダー、セクシュアリティ、国籍、身体、そして自らが参画している現代美術それ自体にもアプローチする。自身にも、他人にも押し付けている「あたりまえ」を分解した先には何があるのか、本展では近年注目されている諸テーマを扱った作品群を展示し、この世界を軽やかに生き抜いていくための提案を行う。