EXHIBITIONS

エディ・マルティネズ「Blockhead Stacks」

ペロタン東京|12.19 - 01.22

展示風景 Photo by Kei Okano © Eddie Martinez Courtesy of the artist, Perrotin, and Mitchell-Innes & Nash, New York

 ブルックリンを拠点に活動するアーティスト、エディ・マルティネズは1977年生まれ。ほぼ独学によるペインティングは、伝統的な手法と型にはまらない手法を交差させながら、シルクスクリーンやスプレーペイント、ときにはガムの包み紙やウェットティッシュを用いて、油絵具とエナメル塗料の層を重ねて制作している。

 マルティネズの作品は、遊び心のある視覚的奥行きが特徴のひとつ。恣意的な素材と題材の選択は、現代文化のゆとりや軽さを具現化していると同時に、抽象表現主義や新表現主義などの歴史的ムーブメントの要素をも示す。活動初期は大きな目のキャラクターを描いた象徴的な具象画を描き、近年では「期待される製品」の概念から逃れるべく抽象化の探究に注力している。

 アジア初個展となる本展では、マルティネズの作品に繰り返し見られる「スカル」のモチーフを探索した一連のペインティングやドローイングを発表。また、ペインティングの習作として描かれたドローイングの小品も展示される。