EXHIBITIONS

横尾忠則 大公開制作劇場

〜本日、美術館で事件を起こす

横尾忠則現代美術館 公開制作 2012

横尾忠則 Lisa Lyon in Kobe, July 22, 1984 (No.3) 1984 横尾忠則現代美術館蔵

横尾忠則 赤い夢 1989 ニューハウス工業株式会社蔵

横尾忠則 物語の始まりと終わり 2011 岡山県立美術館蔵

横尾忠則 N.P 2012 作家蔵(横尾忠則現代美術館寄託)

 1980年代、画家へと転向してまもなくアトリエのなかった横尾忠則はしばしば制作できる場所を求めて、観客の前で作品をつくる公開制作を行った。やむなくとった手段であったが、「人に見られることでかえって余計な自我やこだわりが消え、無心状態で制作することができる」という実感を得た横尾は、アトリエが完成した後も様々な場所で公開制作の機会を持つようになる。

 2000年、横尾の代表的なシリーズ「Y字路」が発表されて以降、公開制作において「Y字路」は一つのフォーマットとして展開され、各地の美術館での個展にあわせてその土地にちなんだ「ご当地Y字路」が次々と生み出されていった。また、横尾自身が仮装して制作する「PCPPP(Public Costume Play Performance Painting)」も行われるようになった。

 本展では、横尾がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介。横尾の制作に対する姿勢や創造のプロセスの変遷をたどる。