EXHIBITIONS

ビルギット・ユルゲンセン展

ファーガス・マカフリー東京|09.28 - 10.27

ビルギット・ユルゲンセン Untitled(my nephews) 1988 © Estate Birgit Jürgenssen, Vienna Courtesy Galerie Hubert Winter, Vienna

 フェミニズムやジェンダーなどの思想を取り上げた夢幻的なドローイングをはじめ、身体の輪郭と流通するイメージを引用した写真作品など、革新的な作品の発表し続けたオーストリアの作家、ビルギット・ユルゲンセン。これまで語られることのなかった、その制作過程にフォーカスした個展が開催される。

 ビルギットは1949年生まれ。ウィーン応用美術大学で教育を受け、70年代に世界に広がったフェミニスト・アヴァンギャルド運動の重要な役割を担った。生前に注目を浴びることはなかったが、ガブリエル・ショアとアビゲイル・ソロモン=ゴドー執筆のモノグラフを契機に、幅広い美術的な功績が知られ始め、ヒューベルト・ヴィンター・ギャラリー(ウィーン)の活動によって作家像が広まっていった。

 本展では、9点のドローイング、展示機会の少ない70年代のマルチメディア・コラージュ作品、80年代後半〜90年代前半の写真作品および写真をベースとしたコラージュ作品を紹介。作家が用いた素材や、制作における実験的なプロセスを明らかにし、独創的なドローイングと写真作品がいかにして生み出されたかに焦点を当てる。
 
 また、大衆文化、マスメディアで流用されたイメージを内省的に検証した、ニューヨークの芸術集団「ピクチャーズ・ジェネレーション」との関係性を探る。