EXHIBITIONS

シャルル=フランソワ・ドービニー

バルビゾン派から印象派への架け橋

山梨県立美術館|10.19 - 12.15

シャルル=フランソワ・ドービニー オプトゥヴォスの水門 1856 国内個人蔵

シャルル=フランソワ・ドービニー ボタン号 1869頃 個人蔵 © Archives Musées de Pontoise

特別出品 クロード・モネ セーヌ河の朝 1897 公益財団法人 ひろしま美術館蔵

 カミーユ・コローやジャン=フランソワ・ミレーら、バルビゾン派の中心人物のひとりとして知られる、シャルル=フランソワ・ドービニー。版画家として生計を立てながらサロンへの出品を続け、次第に写実主義の風景画家として注目を集めた。

 1857年以降は、水面のモチーフを好んでアトリエ船で河川をめぐり、刻々と表情を変える水辺の光を表現。その作品は、モネをはじめとする印象派やゴッホなど、後世の画家たちに参照され、近代風景画の歴史上で重要な役割を果たした。

 これまで日本では、バルビゾン派の画家のひとりとして取り上げられ、包括的に紹介される機会のなかったドービニー。本展は、バルビゾン派から印象派の架け橋となった、知られざる画業に迫る国内初の試みとなる。