EXHIBITIONS

上野アーティストプロジェクト

現代の写実―映像を超えて

東京都美術館|11.16 - 01.05

蛭田美保子  光来フラガンシア(部分) 2016 作家蔵

小森隼人 靑韻 2015 個人蔵

塩谷亮  晩春近江 2016 個人蔵

橋本大輔 観測所 2016-17 東京藝術大学蔵

佐々木里加 BRAIN MUSEUM 2017 作家蔵

蛭田美保子  光来フラガンシア 2016 作家蔵

 様々な芸術家の発表と成長の場として大きな役割を果してきた東京都美術館は、その歴史の継承と未来への発展のために、一定のテーマを決めて現在公募団体で活躍している現代作家を紹介するシリーズ「上野アーティストプロジェクト」を開催する。第1回となる本展のテーマは「現代の写実―映像を超えて」。都市の看板や大型スクリーン、そしてテレビやスマートフォンなどを通して写真やビデオの映像情報がめまぐるしく氾濫する現代社会のなかで、絵画でしかできない「現代の写実」を追究する画家9人を紹介する。

 小森隼人は静物画を中心にして事物の実在感と絵画の完成度を追求、橋本大輔は施設や工場など建築物の廃墟を劇的に描き出す。元田久治は都市のランドマークをモチーフにして、近未来の廃墟を描き、佐々木里加は脳内の分析、総合の過程に注目して「脳=心」をテーマとして作品を制作。稲垣考二は女性の顔や身体などのモチーフを追究し、強いリアリティを持った巨大な絵画をつくり上げる。

 塩谷亮は現実的であると同時に非現実的にも見える絵画を描き、小田野尚之は風景のなかに記憶、叙情、ノスタルジアを埋め込んだような濃密な絵画を制作。蛭田美保子は食べ物をモチーフとして水彩で写実的に描いてから大きな油彩に仕上げ、岩田壮平は琳派の伝統を現代に継承する。