AdvertisementAdvertisement
EXHIBITIONS

松下徹「Brownian Emotion」

2022.01.08 - 02.13

メインビジュアル

 松下徹の個展「Brawnian Emotion」がHARUKAITO by islandで開催されている。会期は2月13日まで。

 松下は1984年神奈川県生まれ、2010年東京藝術大学先端芸術表現科修士課程修了。これまで現象やシステムを扱った作品を発表。今回は「ノイズと振動」を図形化する、電気放電によるドローイング(リヒテンベルク図形)を用いたシリーズを展開する。

 リヒテンベルク現象が生成する過程には強い電気抵抗が起こるため、制作中に実際にノイズの一種である雑熱音(ジジジという音)が発生する。またフラクタル図形をなしていることから神経系や植物、または河川図に相似する図形が生まれると言う。

 松下は、グリッドやドットを画面上に記し、それに沿って電流をコントロールし、電流の線と線をつなげていくことで、地表図や音楽のスコアを描くイメージで今回のドローイングを制作。それは、熱による分子の振動により微粒子(電気)の揺らぎが生じる「ブラウン運動」の痕跡にも見える。

 ブラウン運動とは、アインシュタインが1905年に「揺動散逸定理」において解明した現象のことで、これにより分子や原子の存在が証明された。私たちの身近なところでは感染症の空間飛散モデルや感染シュミレーションもブラウン運動の原理を応用してプログラミングがなされている。

 いっぽう松下のドローイングは「純粋なブラウン運動の結果」としてではなく、「絵画的に見えるように」現象をコントールし、「自然に見えるように」技術を開発することで、意図的に表現している。「現象によって自然を模倣する、ノイズらしい音を選んでノイズミュージックを作る、そういう作為性(またはそのぎこちなさ)が重要と考えています」と作家は述べている。