×

もうひとつの「ケンポク」。椹木野衣が見た飴屋法水の新作劇

演劇を中心に多彩な顔を持つ飴屋法水の新作《何処からの手紙》が、先頃閉幕した「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」で発表された。茨城県北エリアに位置する4つの郵便局にハガキを送り、返信された手紙の指示に従ってこの地をめぐる”演劇”を、椹木野衣がレビューする。

常陸太田、若柳旅館のアンブレラのポスターが展示された一室

椹木野衣 月評第100回
「ケンポク」はどこにあるのか
茨城県北芸術祭、飴屋法水「何処からの手紙」

飴屋は活動の当初から、その時ごとに発表の形態を演劇、美術、店舗営業などと様々に変えてきたが、本質的に演劇の人に違いない。

それは今回の芸術祭参加作品でも変わっていない。なにも舞台や劇場ばかりが演劇の発表機会ではないのだ。なにか物語があり、それを演ずる人がいて、時間を共有しうる場所があり、そこで見る者がいれば、それだけでじゅうぶん劇になる。屋内であろうと屋外であろうと、公共の場所であろうと私的な空間であろうと、そのことに変わりはない。

俳優に素人を使うことは演出の効果のうえでしばしば試みられるが、飴屋の場合はそれが動物であったことさえある。観客であるはずの自分が、いつのまにか見られる立場に逆転させられていることも少なくない。しかし、ペットショップを訪ねた自分が実はある進行中の劇の観客で、檻の中の動物たちが俳優であったことに気づく者は少なかろう。

常陸太田、若柳旅館のアンブレラのポスターが展示された一室

今回もそれに近いことが起きている。私たちはまず、指定された郵便局の局長宛てにハガキを出し、返信を待つ。やがて郵便局長から届いた封書には、2枚のポストカードと飴屋の書いた文章、そして手書きの地図と簡単な案内が入っている。もっとも、どれもひどく辺鄙(へんぴ)な場所にあるので、受け取っただけで終わりになる場合もあるだろう。しかしたとえその場合でも、見知らぬ郵便局長と「あなた」とのあいだには、飴屋という演出家を通じて、一定の空想上の関係が結ばれる。ましてや、指示書きに従い、丸一日かそれ以上を費やして会場に向かう者は、ふつうに暮らしていたら絶対に足を運ばなかった場所に導かれ、まったく無縁な人と巡り会うかもしれない。そのとき観客であるなら、あなたが出会う人は、たとえ現実を生きる素のままの人だとしても、飴屋が演出したある劇を唐突に生きている。それをなにかに例えるとしたら、やはり「事故」ということになるだろう。

日立の鉱山記念館にある燻煙器。公害が植物に与える影響を調査・実験する

たとえばそのうちのひとつで、飴屋は実際に具体的な事故のモチーフを扱っている。その事故は、部屋に貼られた展覧会のポスターを通じて、この地域で起きた、もうひとつ別の事故を引き寄せる。「ケンポク」は、かつてクリストとジャンヌ=クロードが、「アンブレラ」を屋外で広域にわたり展開した地区でもあるのだが、このプロジェクトは日米で2名の死者を出している。アメリカでは突風による倒壊、日本では撤去作業中の感電だった。いま日本では芸術祭がかつてなく盛んだが、日本列島で行われるかぎり、会場は自然災害と隣り合わせだ。だが、そもそも日本で古くより「祭」が盛んだったのは、恐るべき自然の脅威ゆえではなかったか。さらに言えば、そのような災害の犠牲者を予防的に先取り(供物)する意味があったからではなかったか。

実際に郵便局から返ってきた手紙。封筒の宛名は各郵便局長が手書きで記入してくれる。なかには手紙と写真、行き先の地図が入っている

としたら、日本における大規模芸術祭の先駆けの地と考えられるケンポクだからこそ、この問題に肉薄する必要がある。時期を同じくして、近隣の水戸芸術館では、先の「アンブレラ」の回顧展を開いている。残念だったのは、その検証が展示ではほんの申しわけ程度しか、図録ではまったく触れられていなかったことだ。私がそのことに強く思考を促されたのは、むしろ飴屋の展示のなかで反芻された「アンブレラ」の残像を通じてのことだった。

上小川にある一本木

PROFILE
さわらぎ・のい 美術批評家。1962年生まれ。近著に『後美術論』(美術出版社)、会田誠との共著『戦争画とニッポン』(講談社)、『アウトサイダー・アート入門』(幻冬舎新書)など。8月に刊行された『日本美術全集19 拡張する戦後美術』(小学館)では責任編集を務めた。『後美術論』で第25回吉田秀和賞を受賞。

『美術手帖』2016年12月号「REVIEWS 01」より)

information

会期:2016年9月17日~11月20日(終了)
会場:KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭
飴屋法水は1961年山梨県生まれ。本芸術祭は茨城県北部に位置する6市町(北茨城市、大子町、高萩市、日立市、常陸太田市、常陸大宮市)を舞台に、85組のアーティストが作品を展示。飴屋の「何処からの手紙」は、実在する4つの郵便局(上小川、大宮玉川、日立会瀬、常陸太田下大門)の局長に宛ててハガキを送ると、それぞれの場所から手紙が届き、そのなかに書かれた場所に実際に赴く体験型の作品。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします