×

長谷川新連載

展覧会が表現する「意識の流れ」。長谷川新が見た「RIVERRUN」展

台北市立美術館で、台湾の若手作家を中心に、アピチャッポン・ウィーラセタクン、さわひらきらによる全13作品が出品された「RIVERRUN」展。「歴史、記憶、精神について非/連続的に綴ること」をテーマに行われたこの展覧会を、会場となった台北市立美術館の内部空間の特色とともに考察する。

最終更新 2017.7.31

SERIES / 長谷川新連載