×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.15

色からモチーフを構成する。
原良介が鎌倉の名刹・円覚寺で1週間限定の個展を開催

自然物や人物をモチーフとして多く描いてきたアーティスト・原良介の個展「色相の上」が鎌倉の円覚寺龍隠庵で開催される。会期は11月23日〜30日。

展示予定風景 Photo by Ryoji Wakabayashi © Ryosuke Hara

 原良介は1975年神奈川県生まれ。2002年に多摩美術大学大学院を修了後、「project N 36 原良介」 (東京オペラシティアートギャラリー、2009)や「原良介ー絵画への小径ー」(茅ヶ崎市美術館、2012)などの個展をはじめ、「コレクターとアーティスト vol.1」 (寺田倉庫 T-Art Gallery、2015)など様々なグループ展に参加してきた。

 自然物や人物を主たるモチーフとして描いてきた原。しかし、力強いストロークの一層塗りで描かれた絵画には、一つの画面に同じ月が三つ浮かんでいたりと、独自の世界観が広がっている。

原良介 三つの月 キャンバスに油彩 72.7×60.6cm 2017

 臨済宗大本山円覚寺山内の塔頭の一つである龍隠庵で開催される本展では、これまでと同様に日本独自の自然観を作品の根本に据えながら、先に色を決定してからモチーフを描き、空間として構築するという新たな試みの成果を発表。原は今回の作品を通じて、「まず色とそこに流れる時間が浮き出てくるような絵画にしたかった」としている。

 原の新たな試みが、名刹の空間とどのように溶け込むのか、注目したい。

原良介 森のそばで キャンバスに油彩 45.5×53cm 2017 

information

原良介「色相の上」

会期:2017年11月23日〜30日
会場:円覚寺 龍隠庵
住所:神奈川県鎌倉市山内409
開館時間:9:00〜16:00
休館日:無休
料金:300円(円覚寺拝観料)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします