×
NEWS / REPORT - 2017.11.10

1000点の資料で見るアニメーション映画監督・新海誠の軌跡。
国立新美術館で回顧展が開幕

アニメーション映画監督として数々のヒット作を手がけてきた新海誠。そのこれまでの軌跡をたどる回顧展が国立新美術館で11月11日から開催される。

記者発表に登場した新海誠(左)と神木隆之介

 2007年公開の『秒速5センチメートル』をはじめ、『言の葉の庭』『君の名は。』など様々なヒット作を手がけてきたアニメーション映画監督・新海誠。02年の商業デビューからこれまでの15年の軌跡を、1000点の資料でたどる展覧会が11月11日から国立新美術館で開催される。

新海誠展会場風景

 本展は、「大岡信ことば館」(静岡)、小海町高原美術館(長野)からの巡回展で、国立美術館では初の現役アニメーション映画監督の展覧会となる。

 開幕前日の11月10日には、新海本人と、『君の名は。』で主演声優として参加し、本展音声ガイドも務める俳優・神木隆之介が記者会見に登壇した。

会見に登壇した新海誠と神木隆之介

 『君の名は。』で、作中に会場の国立新美術館を登場させた新海。本展については「まさか(映画で描いた)その場所で展示する機会があるとは想像もしていなかったので、光栄です。(美術館で展覧会というのは)アニメーション映画の受け取られ方も変わってきたのかなと感じる」とコメント。

 「映画づくりの過程は、スタッフとのコミュニケーションの過程。僕たちがどうやってコミュニケーションをしようとしているかを見てもらいたいです。来場者の方々に感じてもらったことは、新しい作品にもつながると思う。僕たちと会話をするようなつもりで来てもらえると、幸せです」と話す。

会場風景。映像を流すディスプレイの多さにも注目

 一方、新海作品のファンでもあるという神木は「写真のような美しさは、本当に手で描かれているんだなと実感できる。ずっといたい空間でした」と興奮した様子で本展について話した。

会場では絵コンテなど数多くの資料を見ることもできる
『君の名は。』セクション

 2000平米の会場では、デビュー作『ほしのこえ』から『君の名は。』までを、作品ごとに時系列で展示。制作当時に実際に使われていたパソコンなどの道具から、絵コンテ、設定資料、背景画、そして本編から抜粋した映像など、様々な視点から作品を読み解くことができる。

 約1ヶ月という短い会期ではあるが、いまもっとも注目すべきアニメーション映画監督の軌跡をたどることができるこの機会。アニメーションの裏側にある、丁寧な仕事の積み重ねに注目してほしい。

新海作品の海外での受容のされ方を示すパッケージの数々も展示されている
パソコンとともに展示された新海誠からのメッセージ

information

新海誠展「ほしのこえ」から「君の名は。」まで

会期:2017年11月11日〜12月18日
会場:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00〜18:00(金土〜20:00) ※入館は閉館の30分前まで
休館日:火
料金:一般 1600円 / 大学生 1200円 / 高校生800円 / 中学生以下無料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします