×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.10

3組の外国人アーティストが110日間の滞在制作の成果を披露。茨城県で「オープンスタジオ」が開催

茨城県が主催する「アーカスプロジェクト2017 いばらきアーティスト・イン・レジデンスプログラム」の招聘アーティスト3組によるスタジオ公開が、アーカススタジオ(茨城県・守谷)で公開される。会期は11月22日〜26日の5日間。

フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン(メキシコ/ベルギー)

 1994年に茨城県を主催に始まった「アーカスプロジェクト」は、世界的に活動するアーティストが滞在制作を行うアーティスト・イン・レジデンスプログラムと、地域の人々によるワークショップをはじめとした地域プログラムを展開している。

カーティス・タム(アメリカ合衆国)

 アーティスト・イン・レジデンスプログラムでは、これまで33の国と地域から100組アーティストを招聘してきた。2017年度は、3組の公募枠に対し85ヶ国・地域から717件の過去最多の応募があったという。

ダニエル・ニコラエ・ジャモ(ルーマニア)

 今年度の招聘アーティストは、フリエッタ・アギナコ&サラ・ドゥムーン(メキシコ/ベルギー)、ダニエル・ニコラエ・ジャモ(ルーマニア)、カーティス・タム(アメリカ合衆国)。ゲストキュレーターに近藤健一(森美術館キュレーター)を迎え、110日間の滞在制作で得た3組それぞれの成果を公開する。

information

アーカスプロジェクト2017 いばらきアーティスト・イン・レジデンスプログラム
オープンスタジオ

会期:2017年11月22日〜26日
会場:アーカススタジオ(もりや学びの里内)
住所:茨城県守谷市板戸井2418
電話番号:0297-46-2600
開館時間:13:00〜19:00
料金:無料

event

スタジオツアー
日時:11月22日、24日
A 13:30〜14:30
B 15:00〜16:00
※要予約
 
アーティストトーク×近藤健一
日時:11月23日 16:30〜18:00
 
キッズツアー
日時:11月25日 14:00〜15:00
対象:小中学生
定員:15名(要予約)
 
スタジオトーク×南條史生
日時:11月25日 16:30〜18:00
※当日に限り、東京駅発アーカススタジオ行きの片道バス(無料)を運行。要予約
 
アーティストによるガイドツアー
日時:11月26日 14:00〜15:00
 
オープンディスカッション
本企画では、震災発生から6年が経過した今、震災直後の状況も含め今日まで、茨城県を舞台にした現代美術の活動について振り返る。作家やキュレーターは何を考え、どのような活動を行ってきたのか、情報共有と意見交換により、今後の課題について考察を試みる。
日時:11月26日 16:00〜18:00
 
クロージングパーティー
日時:11月26日 18:00〜19:00
 
上映会
これまでの招聘作家が滞在時に制作した数々の映像作品からセレクションした貴重な映像を特別上映する。
日時:11月22日〜26日 13:00〜19:00(23日16:00〜)
 
※予約申込方法はサイトを確認

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします