×
NEWS / EXHIBITION - 2017.11.2

神戸の下町に現代アートを展開。「下町芸術祭2017」のテーマは「境界の民」

2015年より兵庫県神戸市長田区の南部で行われている「下町芸術祭」が今年も開催される。2回目となる今回の会期は11月3日〜25日。

瀬戸内経済文化圏 Photo by junpei iwamoto

 兵庫県神戸市長田区南部で開催される「下町芸術祭」は、下町エリアの空き地や古民家、路地を舞台にアート作品の展示やパフォーマンスを行うというもの。阪神淡路大震災から20年が経過した2015年より始動し、今回で2回目の開催となる。

下町芸術祭2017メインビジュアル Photo by junpei iwamoto

 今回のテーマは「境界の民」。価値観や時代によって移り変わる「境界」を表現によって多角的にとらえ、それぞれを尊重できるような社会のあり方を探っていく。

森村泰昌 下町プロジェクト 「下町物語2017〜2019」リサーチ記録より 撮影=福永一夫

 本芸術祭では、外国にルーツを持つ人々が多いことに注目したダンス作品や、森村泰昌が3年にわたり展開する下町をテーマにした企画など、地域性を活かした4つのプログラムを実施。各プログラムで異なるディレクター、アーティストを迎えて、それぞれの視点から「境界」をとらえる。

information

下町芸術祭2017 境界の民

会期:2017年11月3日〜25日
会場:兵庫県神戸市長田区15ヵ所
電話番号:078-647-7430
常設展示開場時間:11:00〜17:00
料金:プログラムによる(スケジュールや申込方法はサイトを確認)
休場日:月
参加作家:
野原万里絵、村上文子、小倉和、安達大悟、河地貢士、下町すちゃらか喜劇団、森村泰昌、ジェコ・シオンポ、グェン・チン・ティ、エグリントンみか、目黑大路、ダムタイプ、矢内原美邦、レ・カイン、安藤朋子、羊屋白玉、筒井潤、セレノグラフィカ、余越保子、山下残、ほか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報を
お届けします